2013年6月24日月曜日

人工内耳と音楽

人工内耳の音楽の聞き取りは難しいといわれていますが、そもそも「難しい」の定義はなんだろうと思います。
そもそも音楽が聴けないのかというとそうではないと思います。
難しい≠出来ないではなく、人工内耳で音楽を聴くのは難しいけれど楽しめる曲もあるということではないかと思います。
それにとどまらず音楽の聞き取りリハビリを続けることで、楽しめる曲を増やしていくことも可能だということが分かってきました。

脳とは不思議なもので、人工内耳を装用した直後は知らない曲がただの雑音としてか聞こえませんでしたが、今ではたった22本の電極で聴いているとは思えないほど滑らかで綺麗な音色として聞こえます。
もちろんすべてではありませんが2年経った今も止まることなく聴こえる曲が広がっていると実感しています。
ただ綺麗に聞けているといっても健聴者のように音楽を理解しているというわけではありませんし、人工内耳ですから限界もあると思います。
でも人工内耳においては音楽を理解できているかではなく「音楽を楽しむ」ことができるかが重要じゃないかと思います。

「音楽を楽しむ」ためには聴ける曲にめぐり合うということが大変に重要で、一度聴き方を覚えると聴ける曲が拡大していくような気がします。
また聴けない曲であっても1度聴いてあきらめるのか、何度も聴いて理解していくかで聞き取りの差が広がっていく気もします。
聴神経の状態もありますので、一概に言えませんが小さな積み重ねがやがて芽となり茎となり彩の花を咲かせられるのかなと思います。

またつまらないひとりごとが長くなってしまいましたが、言いたいことは言わせてください(笑)

そういえば5月に日本コクレア社で人工内耳装用者によるマリンバの演奏会がありましたね。
一度聴いてみたかったです。
それとは別人が奏でる曲ですが、素晴らしい動画を見つけましたのでご紹介します。

 外部サイトへ コーヒールンバ(Coffee Rumba) - YouTube
マリンバ・デュオ
2人で奏でる見事なマリンバの演奏です。

この動画のように実際に目で見て音を確認することは音の聞き分けをする上でとても重要で、目で追って「音の高さ」「音の質感」「音の大きさ」を想像しながら音の違いを確認し、記憶するのに役に立つと思います。
例えば最初のマリンバの側面を叩く音とマリンバを叩く音の違いを確認するだけでも脳をかなり刺激していると思います。
人工内耳の場合、視覚などヒント無しには音楽の聞き取りは難しいと思います。
逆に言えばヒントがあれば音楽の聞き取りがしやすくなるということだと思います。

しかし、この曲本当にいいですね、癖になりそうです。

2 件のコメント:

麻呂 さんのコメント...

滝さん、こんにちは。

マリンバの曲のご紹介、ありがとうございます。
楽しい曲で、とてもよかったです。
演奏も上手ですね。
音大の学生さんでしょうか。

私はこの曲は知っているので、メロディーもなんとなくではありますが、おおよそ掴むことができました。
二人の方が、メロディーの部分と低音の伴奏の部分を担当しているわけですが、音の高さの違いは、やはり人工内耳ではよくわかりませんね。
でも楽しめるというのは間違いないですね。^^
音楽というのは、脳が感じ取る世界なので、情報が必ずしも充分でなくても、イマジネーションの力を借りて、いくらでも楽しめるのではないかと思います。

私の場合は、1年ちょっと前から電子ピアノを弾いていますが、自分で弾きながら聴いている音楽も、とても面白いです。
どんな楽器でもいいと思うので、人工内耳の装用者の方には、自分で楽器を演奏してみるという体験を是非とも味わっていただきたいと思っています。

さんのコメント...

麻呂さん、おはようございます。

調べてみるとおっしゃるとおり音大出身のようです。
マリンバの講師をされている方もいるそうですね。

それと麻呂さんがおっしゃられた以下についてはまったく同感です。
>音楽というのは、脳が感じ取る世界なので、情報が必ずしも充分でなくても、イマジネーションの力を借りて、いくらでも楽しめるのではないかと思います。

音楽を楽しむには想像力も大切で、そこから音を膨らましていくことも大切だと思います。
それがひいては音楽の感性につながっていると思います。

麻呂さんじきじきに弾かれているメロディクイズシリーズはひとつの楽しみとなっています。
またお聞かせください。

僕も楽器で演奏してみようかな?
めっちゃヘタですけど。