2018年2月26日月曜日

人工内耳の音入れ回想

この地域でACITAの会のネタとして寄稿を求められているので、体験談を書くことになりました。
ブログにも人工内耳の装用経緯や音入れの回想を書いてみます。
会誌に掲載する内容は電話がメインになると思いますが、ブログでは音楽がメインです。

以下、ベタ回想ではありますが...

子供のころに聞いた音楽といえば学校で習った音楽とアニメ、ゲームくらいだった。
その時は聴力が60dBでなんとか音楽が聴けていたころだったと思う。
友達がポピュラー音楽に親しんでいく中で音楽の良さが今一つ理解できなかった。
歌声があまりきれいに聞こえてなかったからかもしれない。
ただ、そのままの聴力でいられたら会話も電話もほぼ問題なかったし、音楽もそこそこ楽しめていた。
あれは忘れもしない中学2年生の時。修学旅行の帰りに急に耳鳴りがして聴力が落ちていくのを感じた。
聴力が60dBから90dBくらいになって会話も電話もできなくなり、一瞬で人生の絶頂期から奈落の底に落ちた。
同時に音楽も理解できなくなっていたが、昔聴いていた音楽なら不思議と聴こえ、100dB超の重度難聴になってもボリュームを上げればいくつか聴くことができていた。
聴けるジャンルが乏しいながらも音楽が恋しくなり、時々思い出したように聞いていた。
時々といっても週に2、3回は聞いていたと思う。ドラクエなどゲームの音楽がメインだった。

この後、言葉の聞き取りが不明瞭で低音だけが響く生活が20年続いたが、筆談で何とか仕事はできた。
ただ、仕事の内容がレベルアップしてきたときに電話ができないのがネックとなり、真剣に人工内耳装用の装用を検討するようになった。今考えると無茶だったが、結果としてよかったと思う。音楽は聴こえ方が機械的でもなんとなく聴ければいいという感じだった。
そう言いながらもやっぱり音楽は楽しみながら聴きたいという欲求はあった。
人工内耳装用者のブログを読みあさり、今は閉鎖されてしまったが、人の声が自然に聞こえることや音楽がそれなりに楽しめているということが人工内耳装用の決め手になった。
このブログ人は控えめの表現だったが、音階の分かる方で聴こえ方を詳細に書いてくれていたと思う。

私の場合は幸いにも人工内耳を装用して早いうちに昔の音楽を楽しめるようになった。
音入れの日から感動の連続が続いた。
音入れ直後にST先生の言葉が理解できた。
多分、先生は何度か声をかけたと思うが、それは理解できておらず、先生の口が動いているのを見て突然スイッチが切り替わったかのように先生の声が入ってきた。
思わず出た言葉が「先生の声がそのまま聞こえる!」
人工内耳をする前と変わらない聴こえ方に感動して言葉が上擦った。
後になって冷静に考えたら補聴器のときと変わらない低音の聴こえで高音が入ってないことに気が付いた。
音入れ当初は男女の声がかろうじて分かるくらいだったし、環境音は壊れた電子音が鳴り響いて、ひどいものだった。
特に病院内でよく響くスリッパのパタパタ音は全然理解できないうえに気持ち悪かった。
この病院は音入れしてすぐ退院というわけではなく、2回目のマッピングをして退院ということになっていたので、退院まで会社や知り合いなど見舞いに来てくれた方と会話をして楽しんだ。聞き返しは多かったもののすでに筆談が不要となっていた。
会話できることが嬉しかったし、みな喜んでくれた。
ただ、日が経つにつれ小さく聞こえにくくなっていたので、4日後のマッピングの日に聞こえにくくなったことを先生に説明した。
人工内耳の適応中によくあることのようで心配しないようにとのことだった。
この病院では最初はマッピングを狭く設定して、後で広げるという方法だったみたいで、2回目のマッピングで明瞭に聞こえるようになった・・・つもりだが、聴き取りは良くなかった。
言語明瞭度は単語で80%、文章に至っては10%だった。
単語が高いのは4択の中から正解を選ぶ形式だったので、推測しやすかったからだと思う。
文章はまったくのヒント無しで「おはようございます」しか分からなかった。
それでも口元を見れば会話できるみたいだった。

退院して初めて外に出たときは時はひどい電子音の嵐でひたすらやかましかった。
ただ、信号機のカッコーが聞こえてきたとき懐かしさがこみあげてきた。
知っている音があるとなんだか安心する。

家に帰ってテレビをつけてみた。
字幕を付けてなんとか言葉の聞き取りについていけるレベルだった。
途中で聞き覚えのある懐かしい音に出会った。
それは弱々しかったが、確かにフルートの音だった。
ご親切にも字幕にフルートと書いていた。
それが初めて理解できた楽器だったが、そのときは本当に心細く頼りない音だった。
しかし心を掴んだのは確かで、もしかしたらという思いが音楽へと駆り立てた。

まず、SONYのPCでいつも聞いていたドラクエの曲を再生してみた。
スピーカーから流れてきた音はすごく線形的でシャープだったが、ほぼ形を成しており一瞬にして何の曲か分かった。
その瞬間絶句して鳥肌が止まらなかった。
それは聴けたという喜びと外界の音は滅茶苦茶な電子音を奏でているのにスピーカーからは規則性のあるクリアな音を出していたというギャップからだ。
試しにYouTubeで適当に知らない曲を聞いてみた。
へんちくりんで掴みどころのない実に不思議な曲だった。
やっぱり新しい音楽は無理なのかなと思った。
それから5日間ずっとドラクエの曲を聴き続けた。
聴こえることの嬉しさと聴こえるようになりたいという欲求からだった。
シャープ気味だった音はいつのまにか柔らかさを伴う音へと変換され、5日目にはもう子供の時に聞いた時と変わらない聴こえだった。

そしてあのへんちくりんな曲をもう1度聴いてみた。
今度はまったくの別物に生まれ変わった曲になっていた。
それはとても綺麗で何度も聴きたくなるような優しい音色だった。
途中でカーテンがはためいた。

ジージー

環境音は相変わらず言葉で形容のできない電子音のままだった。

そのギャップが人工内耳を興味深いものに変えた。
その日はひたすらその曲を聴いた。飽きることもなく。
第2の音楽ライフはここから始まった。


Key (nicely nice waterfowl remix)
人工内耳を装用したときに初めて覚えた曲
これを機に徐々に聴けるレパートリーを広げていった。

2018年2月4日日曜日

人工内耳の聴こえ

ここのところACITAの会の会計を担当しており、入出金があればPCの前に座るようになりました。
IT関係の会社に勤めている関係からPCの操作が得意そうだからという理由で会計を任されたのだと思うのですが、実際には設計やプレゼンテーションの時にEXCELやPowerPointを使うくらいで、PCの知識は他人とあまり変わらないと思っています。

ところで、前回の投稿記事を読み返してたいそうなことを書いてしまったと思っていますが、人工内耳って実はよくできてるんじゃないかと思うことはよくあります。
ただ、人工内耳の聴こえは一定しているものではなく、音のもろさを感じることが多いです。
テレビでドラマを見ているときは環境音やクラシックなどのBGMが流れることが多いですが、日によっては環境音が聞こえなかったり、メロディ(旋律)が追えなかったりします。
音楽については割と聞き取れるようになっていて、聞いたことのない曲でも初めから綺麗に聴こえ、メロディを追うことができているようにみえます。
良く聞こえている感覚というのはまるでスロー再生のように音を吟味しながら聴いているようなもので、音の形をイメージできます。
ただ、日によってはメロディを追うことができないばかりか、そもそも何の音か分からないこともあります。
ただし、ドラマそのものを楽しむ行為についてはBGMがなくても大きな支障にならないようです。
もちろん、緊張感の演出や感動、悲しいシーンではBGMが重要な役割を持つようになってくると思います。
また、BGMが最初から最後まで全力疾走なドラマだと時間の流れが速く感じることもあります。
これはYouTubeやゲームの音楽にも同じことが言えて、ある時は恐ろしいくらい綺麗に聴こえたりするのに、ある時は全く分からなかったりすることがあります。ただし、一度聞いた曲を除きます。
基本スピーカーで聞いていますが、分かりにくいときでも感度を上げたり、テレビの前に座ったり、ワイヤレスアクセサリを使って聞くと分かるということが多いです。
そういうときは普段より感度が下がっているのかもしれません。

調子のいいときの聞こえ方ですが、音に厚みがあり音の分離がしっかり出来ている気がします。音が体感的に大きく聞こえ、小さな音も拾えています。
また、音の大小も敏感で、音色の変化で遠近感が感じられるようになります。
外で歩いてても音の距離が感じられますし、ドラマを見てても遠近を感じるようになるので、あの音はどこからだろうと想像を掻き立てられることもあります。
いつも調子がいいわけではなく日によっては遠近感が全く感じられないこともあります。
大きい音と小さい音の違いは分かるのですが、音色が薄まって聞こえないため距離を感じにくくなっているのではないかと思います。
音の遠近感が分かったほうがダイナミックに聞こえ、より深みのあるBGMが楽しめているような気がしますので、音の遠近感が聞こえのバロメーターになっています。

ここまでは主観的なものなので、断定的に言うのを避けています。というのも聴こえの感じ方や表現は抽象的で客観的な事実をもって伝えることは難しいからです。
自分の聴こえを客観的に見るのであれば聴力検査、音の高さや音色の判別が当たると思います。

自分の聴こえですが、聴力検査では平均20dBくらいです。体調次第で変わりますが、小さな音を拾えていると思います。
音の高さについては純音レベルで最小の半音まで判別可能なようです。
音色の判別にいたってはブラインドテストをやった時に先生にかなり驚かれたこともあります。

音の高さについてはコクレアが販売している日本語リハビリテーション教材「Sound and WAY Beyond」を使って純音の聴き分けとメロディの輪郭の聴き取りテストで確認しています。実は難易度を上げると健聴者も難しいようです。

新しい音楽が聴けているようにみえるのも音の三要素である「大きさ」「高さ」「音色」が脳に入ってきているからかもしれません。
ただ、今の聴こえを考えるとそれだけでは測れない聴力というものがあると思います。
それがダイナミックレンジではないかと思うのですが、音の密度(厚み)に関係しているのではないかと思います。
音の大きさは十分で音の高さや音色は感じるのに乾いた音や痩せた音に聞こえるのは脳で聴ける音のキャパシティが下がっているせいかもしれません。
ここでいうダイナミックレンジは人工内耳のマッピングではなく、脳のことです。
人工内耳のマッピングでダイナミックレンジが結構広いねと先生によく言われていますが、例え広くても聴こえは良くならないことが経験的に分かっているので、脳の感受性によるところが大きいのかなと思っています。
よく言われるのが「音は耳で聴くのでなく脳で聴く」ことで、音の意味を知って聴くのは結局、脳次第なのかもしれません。

2017年12月23日土曜日

人工内耳装用7年目の聴こえ

2010年10月に装用して7年目になったので、現在の聴こえをレポートします。

 要約 ・人工内耳体験談で発表(装用2年目)した時との体験は大きく変わらない。
・音質は向上したかもしれない。特に音楽は実感する。
・Nucleus 6のSmartSound iQに搭載されたシーン識別プログラムの恩恵を受けている。


現在の聴こえを会話、電話、音楽別にまとめてみました。


会話 装用2年目と大きく変わらないが、FreedomからNucleus 6になって良くなったところも

言葉の聞き取りは対面なら普通。聞き返しは時々ある。
グループでの会話は難しいが、自分に関心のある話はほぼ聞き取れる。
また、誰が話しているのか分かり、呼びかけのあった人に顔を向けることができる。
騒音下でも対面なら普通に会話できている。Nucleus 6のシーン識別プログラムによるところが大きい。
駅やレストランでも対面ならほぼ問題ない。


電話 出来ることは装用2年目と変わりはないが、対面より聞き取りが良い

知らない人との会話は聞き取りにくい場合がある。
ただし、会話しているうちに普通に聞き取れるようになる。
仕事ではよく電話を使う。聞き返しは対面より少ない。
耳元で聞いているためか、対面よりクリアに聞こえる。


音楽 音楽の聴こえは装用2年目と大きく変わりはないが、音質が良くなってきている

補聴器時代(40~60dB)とは雲泥の差。比較にもならない。
音は非常にクリアで繊細。音の密度が濃くなっている。
音の解像度が上がったのかもしれない。以前より増して音の透明感を感じる。
歌詞無しでもある程度聞き取れるようになっている。
歌声がとても美しい。歌唱力のある人が歌うと涙が出る。
音楽を聴いて鳥肌が立ったのは生まれて初めて。
最高潮になるとただ目を瞑って聴くだけ。
歌声を一字一句味わうように聴いている。
パソコンで作業するときはアンビエントな音楽を流して癒しのひと時も。


最後に 所感

現時点では想定いや想像以上の聴こえです。補聴器時代より聞き取りがいいです。
言葉の聞き取りはそれほど成長していませんが、人工内耳の性能や先天性難聴の影響でこれ以上聞き取りは良くならないのかもしれません。でもほぼ支障なく会話できています。
補聴器時代はやや曇って聞こえていましたが、今は晴れ渡るように聞こえます。
それも補聴器時代は曇って聞こえていることさえ知らず、人工内耳を装用して気が付きました。
人工内耳のダイナミックレンジが狭い関係もあり、大音量になると破綻しますが、それを除けば自然な音です。日常の音も質感を伴って聞こえます。
音ってこんなに重みがあったんだと聴きながら思うことがあります。

2017年12月17日日曜日

音楽配信サービス

定額制の音楽配信サービスが主流になり、曲も増えてきてありがたいと思う今日この頃。
従来の買い切りに比べて音楽がぐんと身近になってきていると思います。

定額制音楽配信サービスはこんなことが出来ます。

  • 何千万もの曲が聴き放題
  • プレイリスト作成機能(ダウンロードも可)
  • 歌詞表示対応

定額制なので時間制限もなく最後まで聴けます。
好みの曲が見つかったらプレイリストに登録しストック。
自分に合わなかったら好みの曲を探す旅に出ます。

Spotify - ストリーミング再生画面

定額制の音楽配信サービスはたくさんありますが、今はSpotifyが3ケ月間100円で利用できるというので試しています(2017年12月まで)
歌詞が同期して表示されるのがいいですね。
最近のスマホは2画面表示に対応しており、歌詞再生中にニュースを見ることも出来ます。

Galaxy Note8にて上部に歌詞を
下部にニュースを表示させてます

今までのスマホは歌詞だけしか表示できませんでしたが、今は歌詞を見ながらニュースをチェックすることもできるようになったので歌詞を覚えるのも楽になりそうです。

iPhoneは現時点で2画面表示に対応していませんが、最近発売されたiPhone Xは縦長のディスプレイを採用しており縦長のメリットを生かして2画面表示に対応してくる可能性があります。
今年アメリカで認可されたNucleus 7はiPhoneと直接接続可能ですので音楽ライフがさらに充実したものになるかもしれません。日本はいつ認可されるのか気になるところです。

あと、歌詞表示機能付きで定額制サービスを安く利用したいならLINE MUSICのスタンダードプランですね。
時間制限なしのプレミアムプランなら960円ですが、スタンダードプランなら月20時間まで500円で利用できます。
通勤の時しか使わないので、私はこちらを利用しています。
後は普通に歌詞の聞き取りが出来るようになれば最高ですね。さすがにこれは難しいです。

2015年9月14日月曜日

SCANのメリット・デメリット

SmartSound® iQで搭載されたSCAN(聴取環境の自動識別機能)のメリットとデメリットをそれぞれ3点ずつ書いてみました。

まずメリットから

メリット1 プログラム切替不要

プログラムの切替を意識する必要がなくなったのが最大のメリットです。
フリーダムの時は騒音環境下で会話をする場合、聞き取りにくくなるため感度を大幅に下げたり、プログラムをNoise(ノイズ)にする必要がありましたが、SCANプログラムにしてからはSmartSound® iQが自動で調整してくれるため、プログラムや感度・音量の調整は一切しなくなりました。
調整はすべてSmartSound® iQにお任せしています。


メリット2 雑音抑制

メリット1にも書いていますが、プログラムをSCANにしていると何もしなくても自動で雑音を抑制してくれます。例えばジャーと水を流していると会話が聞き取りにくくなっていましたが、会話しやすいレベルまでに雑音を抑制してくれます。
N6から追加になった風切り音抑制機能は車の走行中に窓を開けた状態で会話するときに威力を発揮します。
Freedomの時は窓を閉めないと風切り音に邪魔されて会話ができないことが多かったのですが、今は窓を開けても平気です。
両耳装用の方は片側が風の影響を受けないので問題がない人もいるかもしれませんが、窓を開けながら走行できるのはとても気持ちいいものです。


メリット3 音量自動調整(N6一般)

大きい音は自動で聞きやすい音量に調整してくれるようですので、うるさいと感じることはありません。
聞いててぜんぜん疲れないのでN6は耳に優しいと思います。


ここからがデメリット

デメリット1 電池消耗

電池の消耗がかなり激しいです。プログラムをSCANにしていると1日も持ちません。
スタンダード充電池の場合なんですが、最初、朝7時から装用して夜の21時に切れるというパターンでした。
ただ、N6にしてから2回目のマッピングをしたときにCレベル(最大快適閾値)が10下がったのですが、使用時間がなんと2時間も延びました。何かの間違いですかね。
ST担当先生もおっしゃっていましたが電流量は電池の持ちに結構影響するそうです。


デメリット2 雑音抑制

プログラムをSCANにすると雑音がかなり小さくなります。他のプログラムにもいえることかもしれません。
それはいいのですが、Freedomの時には聞こえていたエアコン等の空調音がN6にしてからかなり静かになり物足りなさを感じました。やっぱり何か音が入っていると安心感があります。
ただし、すべての雑音をカットしているわけではなく、雨が降る音はよく聞こえますので人間に必要な環境音を選別してくれているようです。


デメリット3 音量自動調整(N6一般)

大きい音を自動で聞きやすい音量にしてくれることはメリットにもなるし、デメリットにもなります。
音楽を聴くときは音量の自動調整が邪魔になります。
例えば音が大きくなったかと思うと急に小さくなるので、違和感を感じてしまうんですね。
このため、私はすべての雑音抑制機能をオフにしたプログラムを用意しています。
さらにこのプログラムだとFreedomの聞こえに近いので、SCANでは聞こえなかった雑音も聞こえるようになります。


ここまでSCANのメリットとデメリットを書きましたが、デメリットは従来のプログラムで補うことができるので問題はありません。
あとは電池の持ちが良ければ最高なのですが、こればかりは仕方ないですね。
でも今は23時から0時に電池が切れるようになったので、切れた時点で寝るようにすれば健康的だとプラス思考でいるようにします。

2015年9月6日日曜日

N6装用レポート

2015年7月N6購入(人工内耳装用歴4年目)


これまでFreedomを装用していた滝が、N6を2ヶ月装用した時点でのレポートです。
N6はNucleus® 6の略で、2014年3月に発売されたコクレア人工内耳サウンドプロセッサです。
2015年7月にN6用ワイヤレスアクセサリも発売されました。

Cochlear Nucleus(R) Freedom
Cochlear Nucleus® Freedom
(2007年発売)
Cochlear Nucleus6
Cochlear Nucleus® 6
(2014年発売)
Cochlear Wireless Accessories
Cochlear™ワイヤレスアクセサリ
(2015年発売)


 1.薄さ 正面から見ると目立たない

サウンドプロセッサが薄くなったことにより、メガネをしていてもフレームとサウンドプロセッサの干渉が少ないため、目立たなくなった。
Freedomだとメガネのフレームにサウンドプロセッサが追い出される感じで収まりが悪く格好も良くなかった。
サウンドプロセッサをメガネのフレームで挟むとすっきりするし、寝転んでも外れなくなった。
幅が1.4cmもあるFreedomにはできない芸当かもしれない。N5以降は0.9cmにスリム化されている。

今のサウンドプロセッサは正直、不格好に見える。特に短髪の方には以下の欠点がある。
・送信コイルが露出するため非常に目立つ
・送信コイルのケーブルが浮くことがあるため、見栄がよくない
・サウンドプロセッサが耳たぶより高い位置にあるため、横から見ると露出する

聞こえることが第一だけど、少しでも目立たなくしたいのが本音。
今後も小型化やサウンドプロセッサの体内埋込もしくは送信コイル(マグネット部分)のワイヤレス化を検討してほしい。
送信コイルのワイヤレス化は技術的、医学的に難しいかもしれない。
サウンドプロセッサをあえて見せることで自分が障害者であることをアピールすることもそれはそれでありだと思う。


 2.ワイヤレス ケーブルの煩わしさから解放
ワイヤレスに対応する前はオーディオ接続ケーブルやヘッドホン等をつけて視聴する必要があったが、
ワイヤレスに対応してから不要になった。
通勤(JR)の時はサウンドプロセッサとオーディオ接続ケーブルを毎回接続して動画や音楽を視聴していたが、
今はワンタッチで切り替えられる。
外出で視聴する人にとってはありがたい機能で、ワイヤレス機能がなければN6を買うこともなかったと思う。


 3.音質 SmartSound® iQ搭載により、プログラムの切替が不要
N6から追加されたSCAN機能は好みの分かれるところ。最初はかなり抵抗があったが今は慣れた。
静かな場所では声が大きく聞こえるが、うるさいところでは声が小さく聞こえ、音質も劣化する。
手動で切り替える場合は自分の意思でやっているのでまだ許せるが、これを自動でやられると辛い。
ただし、会話の継続を第一で考えると実はかなり優秀な出来だと思う。
FreedomとN6の音質に大きな違いはないが、どちらかというとN6は刺激が少なく音が柔らかい。
ただし、音質の感じ方は個人差がある。ちなみにSCAN機能は一番よく使うプログラムになった。


以上、ここまで簡単なレポートでした。

2015年2月9日月曜日

音の輪郭

人気アニメ「名探偵コナン」の録画が溜まっていたので、ポテトチップスとポンジュースを用意して見ていました。
この主題歌、曲がいまいちはっきりしなくていつもスキップしていたんですが、この日はスキップせず聴いてみたら音色がなめらかに聴こえてびっくりしました。
まるでストーリーを描いているみたいで、歌声もやたらクリアに聴こえました。
それまでBGMは何か鳴ってるな程度で歌声もくすんでいたのに突然この聴こえよう。
何が起こったのかさっぱり分からなくて可笑しくなってしまいます。
これだから人工内耳のブログは止められないのかも?

この対照的な聴こえは経験上多分、耳の調子によるところが大きいような気がします。
自分の声で調子を確認することもできますね。
声が伸びない時や、ふくらみが感じられない時は音楽を聴くのに適していないことが多いです。




クリックすると丸山晋一氏のウェブサイトに移動します。
空書 ©Shinichi Maruyama

この印象的な作品は丸山晋一氏の「空書」というのですが、水墨の擦れやはじけ具合が演奏にも似ていると思いました。
ボーカルも音符のとおりストレートに歌っているのではなく作品のように濃淡をつけてより魅力的な歌声に仕上げているのだと思います。
この作品は輪郭がはっきりしているので綺麗に見えますが、人工内耳で聴くとボカシが入ってしまい作品の良さが失われやすい傾向にあります。
見方を変えるとボカシが入りにくくなるほど輪郭がはっきりして音楽の聴き取りが容易になるということだと思います。
この日はボカシが入りにくい状態だったのか、この作品レベルとまでは言いませんが十分吟味でき人工内耳の可能性を改めて感じさせてくれました。